これからの季節にもラグやカーペット

ここ最近、暖かくなり、春の陽気に外出が気持ち良くなってくる反面、多くの人が悩んでいるのが花粉症などのアレルギーですね。

幸い、私はこの現代病とは未だ無縁の生活を致しておりますが、友人の大半は薬を常用したり、お化粧が崩れるとぼやきながら目をしぱしぱさせていたりします。
彼女たちに聞くと、外も困るが室内でも空気清浄機が欠かせなくて辛いらしいです。
暖房を付けずにこれでやっと電気代が少しは安くなる・・・という季節に空気清浄機をフル回転で洗濯も毎日、外出した日には洗髪は必須。床掃除は何度しても追いつかない。

結局、電気代は冬とあまり変わらずに家計を圧迫(笑)

そこで色々と聞いてみると、やはりフローリングにしてモップをかけやすくしているお家が多いようです。
確かにフローリングは拭き掃除もしやすく、綺麗になったのが目で分るので安心出来るのでしょう。
ただ、細かい粉塵などの場合は僅かな動きや掃除機の静電気や排気だけで舞い上がるので、掃除機をかけても、モップで拭いても花粉やハウスダストはふわりと舞い上がり、掃除が終わって暫くしてから再び舞い落ちて動線によって出来る部屋の隅などの吹き溜まりに集まり、本人が「すっきりした」と思っているうちにまたうっすらとアレルゲンとして活動しだすわけです。

そこでやはりお勧めしたいのはカーペットやラグマット。

フローリングよりも掃除が行き届かない上にダニの住まいになるのでは・・・??と思われやすい床材ですが、これが意外に役に立つものです。
ハウスダストや花粉などの微粒子をその毛足で絡め取るので、掃除機をかける際にもフローリングよりもずっとまとめて吸い取れる上、吸い残しが少なく、排気も現在ではクリーンにしてくれる種類も沢山出ています。

ダニも、防ダニ素材がありますし、ダニ対策用のシートを使えばコストパフォーマンスは低く抑えることが出来ます。

更に、週1回それならに薄めた逆性せっけんを含ませた雑巾で拭けば簡単に除菌も出来ますね。
ふわふわと舞うアレルゲンを引きつけて掃除しやすく、素足にも優しいので便利に使えるのも嬉しいもの。

それを言うと、大抵の知り合いが、「そう言えば、ホットカーペットの室内だとキッチンなどよりもむずむずが少ないなぁ」と不思議そうに答えてくれるのを聞いて、思わずにんまり。
ひどい汚物などを綺麗にするのはフローリングが断然、楽ですが、ハウスダストや花粉にはラグ1枚だけでかなりの確率で解決できるものです。

川島織物セルコン

キロニー

リリカラ

トーソー

ニチベイ

Ichige Interior Service

YKK AP

MADOショップ

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ