「インテリアを考える日」月間

 

このコラムを始めて2回目のインテリアを考える日がやってきました。
今年の4月10日を中心にそれぞれのメーカーやショップでもキャンペーンなどを考えているかもしれませんが、去年に比べてどれほど認知度が上がっているのか疑問です。

新生活が始まるのが4月というのがこの日に定めた理由の1つということですが、インテリアとして考えた時、この時期は既に新生活はスタートしていますので出来れば3月くらいからキャンペーンは始めたいものです。
また、インテリアはどうしても対象が、経済的基盤がしっかりしている年齢層になりますので、基本的に拡散しやすい若年層を取り込みにくいのも宣伝効果が低いのも思案のしどころですね。

ただ、この時期は暖かくなりガーデニングを始める家庭も多く見られます。
寒い季節から一転して、気分を新たにしたい・・・・というのが自立している女性や主婦層に多いのも事実!・・・ですので気軽に手を出せるものから積極的に宣伝するのもいいかもしれません。
トイレタリーやバス用品、カーテンはレースやカフェカーテン、寝具関連、春夏使用に玄関マットやラグなどは狙いどころですね。
春夏秋冬で内装を変えるまでには行かないとしても、春夏と秋冬で衣替え感覚でインテリアを楽しむ、をまずは浸透するためのきっかけとして「インテリアを考える日」を効果的に宣伝して活用していきたいものです。

続ける事が肝心ですので、まずは5年計画で地域浸透をめざしてみませんか?

川島織物セルコン

キロニー

リリカラ

トーソー

ニチベイ

Ichige Interior Service

YKK AP

MADOショップ

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ