近所に耳あり通りに目あり

 先日うちの近くに輸入住宅が建ち、未完成だった庭が少しずつ(おそらく住人の手によって)素敵に整えられていくのを見るのが楽しみで良くその前を通ります。

大きめの通りから僅かに裏道にあたるその向かいの家も、続いて家を新築し始めたので、どんな家が建つのかもまた興味津々です。
家が建つ過程というものは何時まで見ていても飽きないほど勉強にもなりますし、内部の構造などもここが玄関で、あちら側が浴室になるのかな?などと想像する作業も楽しいものです。

そんな趣味に1つだけ、業界の端の端に浮き沈みしている私が非常に気になるものが1つ。
現場で働く職人さんの態度が良くないケースがまだまだ多いと言う事です。

我が家の近所は基本お寺ばかりですが、少し外れると新旧入り乱れた住宅街で、古い家を解体して建て替えるケースが少なくありません。
そういう場所は私にはお散歩ポイントの1つとなるので、常に数か所をチェックして歩くことになります。

解体時には以外と外国人労働者が多く気軽に挨拶をしたりすることもありますが、それが基礎から先になると、言葉は悪いし、公道での喫煙、18禁雑誌の持ち込み、時にはええ~???と思う事まで。
自分が施主でしたら注意せずにはいられない言動はやはり、良くないのではと考えさせられます。
私は小さい頃から、「家造り」に近い場所にいましたので、携わる職人さん達の口や態度の悪さには慣れていますが、普通の人はどうでしょう。
それにご近所さんの家もある事ですし、契約を取りつけたのに、現場の態度が悪いと、良い仕事をしていても、実際に見て気分の良いものではないですよね。
特にそれがリフォームなどになると、施主一家との接触も多くなる分、少なくとも不愉快にさせないような最低限の道徳観念は持っていただきたいです。(酷い時には、職人さんともめたり、態度が気に入らないと言う理由で営業にクレームがつくケースもあります)

多くの職人さんは然程問題には感じませんが、あまり感心しない事を幾つか挙げますと、

* 言葉づかいが余りに乱暴。かつ聞き苦しい。(施主一家やその近所の方に対して配慮を期待したいです)
* 休み時間、公道でのんびりと寛ぐのは全く構わないと思いますが、子供に見せたくないような雑誌を食後の読書にしたり、缶コーヒーを灰皿代わりに使う喫煙はやめましょう。
(エッチな雑誌はお仕事が終わって、自宅で存分に楽しんでください。また、そのような雑誌が通行人から見える場所に置かれているのも品位を疑われますよ。)
タバコは最近では喫煙場所を設置している現場もありますし、これは良い事だと思います。

新築にしてもリフォームにしても、いつ新たな家の住人やその関係者が見ているか分かりませんので、モラルがないと思われるような行動は慎んで頂きたいです。メーカーさんを始めとして建築関係は、営業から現場サイドまで全てが1つとして大抵の人は捉えるわけですから、「あれは現場の人間なので‥‥」は通じません。

最後にこれは絶対にやめてほしい事が1つ。
現場に大抵1つはあるトイレ。

用を足す時には必ず扉は閉めましょう。
↑実はこれが一番言いたかったのでした(笑)既に私もう数回開けっぱなしで使用中のトイレを目撃しております。大小関わらず、箱に入ればいいってものじゃありません。
 おばさん、びっくりしちゃいましたよ(>_<)

川島織物セルコン

キロニー

リリカラ

トーソー

ニチベイ

Ichige Interior Service

YKK AP

MADOショップ

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ