白物家電が鮮やかになったら



三菱電機からこの時期発売されたエアコンが従来の白物家電のイメージを大きく裏切って斬新だというのを聞いて早速チェックしてみました。

 形は少しレトロな感覚もあるきっちり感のある四角。正しくは直方体。
 形自体は元々の三菱路線ですが、色が赤と白の二種。
 リンク先で確認頂けますが微妙にメタリック感のあるボルドーレッドとパウダースノウの2カラーです。(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/13/news034.html)
かなり以前からどんな部屋でも何故か浮く。しかも、なんとなく安っぽい感じがするのがどうにも受け入れ難くて、エアコンボックスがあれば良い、シールでデコレーション出来れば良いな、と無くては困るエアコンだけに形も色つきという観点も嬉しいものです。

ただ、パウダースノウは形と独自の塗装法でかろうじてある程度の部屋に合いそうです

が、代わりにそこで白というのも如何なものか?
 逆に赤はかなり部屋を選ばないと室内のカラーポイントがエアコン、と言う微妙な雰囲気になりそう...。
個人的に赤は好きなのですが、居間や寝室に溶け込むかどうかはチャレンジになりそうですね。
 特に天井近くに設置される決して小さくはない家電だけに、もう少しナチュラルな色、もしくは選べると、他の家具やファブリックなどとのコーディネイトにも楽しみが増えそう、と言うのが正直な感想です。
 ただ、合う室内なら是非色つきの家電を楽しみたいです!

 

川島織物セルコン

キロニー

リリカラ

トーソー

ニチベイ

Ichige Interior Service

YKK AP

MADOショップ

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ