カーテン生地で作ってみました^^

1595625656eeere.jpg

 

 カーテンの見本帳でよく見かける、お揃い生地のクッションやベッドカバー。
 統一感が生まれてかなりオリジナル要素の強いインテリアを望む方々には便利なアイテムですが、実際にそこまでしている家をモデルルーム以外で見た事が一度しかありません。
 
 高額の生地なら確かに贅沢かな、と思いますが、生地の価格もピンキリですから、良い生地よりも「好き」を基準で選んで楽しんだらもっともっと部屋が気持ち良くなるのにな、と勿体ない気もします。
 逆に、とっても好きなものの、生地代が高額過ぎてトイレの小窓のカーテンだけで、予算が行ってしまう生地があるのも確かです。
 そんな素敵で高価な生地を何もわざわざトイレに付けるというのも如何なものか。
 一日の時間の割合で考えればトイレ好きな私でも1時間が良いところです。
つまりは、1/24日。
トイレの神様は喜ぶかもしれませんが、来客の多い家ならともかく、一人暮らしで来客のない家のトイレに大金をつぎ込むのもやはり勿体ない。
 それなら、室内の窓を飾れなくてもお気に入りのカーテン生地で小物の方を先に作ってみたらアクセントになるし、大量生産のソファに置いておくだけでもサマになります。
 幸いショップでクッションカバーを制作して見本兼商品としてあちらこちらと吊り下げたり、ベンチに並べていたりとアピールしていたので、これから夏に向けて暑苦しくなくて目玉親父のような模様のある適度な青さが気に入っていた生地で45cm×45cmのクッション用にカバーを二つ。更にもう一枚別の生地で小振りのマルチカバーを注文してみました。
 ベッドカバーには小さいですがラックの目隠しや暖簾もどきとしてドアに吊るすにはいい感じです。
 ヌードクッションは当然お気に入りのホームセンターで安価なものにして、消費税分程度でも予算は抑えましたが、カバーをしてしまえば分かりませんし、そのクッションを抱えたり、背当てや枕代わりにしようするのは自分だけなので充分です。
 でもそれだけで幸せな気分になれる上に部屋がお洒落に感じられるのを考えるとインテリアのパワー恐るべし!です。
 私は犬の洋服でさえカーテン生地で友人に作って貰うタイプなので、大好きなラルフローレンの青い花柄の生地もおチビのワンピースとなって夏になるととても可愛らしい姿を見せてくれます。
 カーテンと言う枠だけでなく、大好きな生地を見つけたら大物は無理でも何かの形で自分の空間に取り込めないか?
 そう考えるとインテリアはもっともっと楽しいアイテムになるのだと、インテリアショップ=高い、と思っている方々に知っていただきたいですね。

川島織物セルコン

キロニー

リリカラ

トーソー

ニチベイ

Ichige Interior Service

YKK AP

MADOショップ

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ