平成23年新築着工戸数は83万4117戸(前年比2.6%増)でした

先般、国土交通省が発表した平成23年(平成23年1月~12月)の新設住宅着工戸数は、83万4117戸(対前年比2.6%増)と2年連続の増加となりました。
種別の詳細は、持家が30万5626戸(前年同期比0.1%増)で2年連続増加、貸家は28万5832戸(同4.1%減)で3年連続減少、分譲住宅は23万4571戸(同16.2%増)で2年連続2ケタ増でした。また分譲住宅のうちマンションは11万6755戸(同28.9%増)、一戸建住宅は11万6798戸(同5.8%増)でした。

2年連続増加とはいえ、リーマンショック以前は約100万戸、新築確認申請問題以前は120万戸あり、まだまだ厳しい状況は変わりありません。やはりリフォームビジネスやカーテンの掛け替え、インテリアの模様替えといったニーズを、我々インテリア専門店は掘り起こしていかないといけません。

kokudo.jpg

川島織物セルコン

キロニー

リリカラ

トーソー

ニチベイ

Ichige Interior Service

YKK AP

MADOショップ